奈良市 任意整理 法律事務所

奈良市在住の人が借金返済など、お金の相談するならここ!

債務整理の問題

借金が多すぎて返済が苦しい…。
債務整理をして、借金の悩みから解き放たれたい…。
もしもそう思うなら、できる限り早く司法書士・弁護士に相談を。
司法書士や弁護士が提案してくれる解決策で、毎月の返済金額が減ったり、督促がストップしたり、といういろんなメリットを受けられる可能性があります。
昨今ではインターネットで無料相談ができる法務事務所・法律事務所もたくさんあります。
ここでは、それらの中で奈良市に対応している、おすすめの法務事務所や法律事務所を厳選して紹介しています。
また、奈良市の地元の法律事務所や法務事務所もいくつかピックアップしているので、それらも参考にしてみてください。
借金問題は、1人ではなかなか解決できません。
司法書士や弁護士の知恵や知識を借り、最善策を探しましょう!

奈良市に住んでいる人が借金・任意整理の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

奈良市の借金返済や債務解決の相談なら、こちらがオススメ。
弁護士対応で、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円だから、手持ちがなくても安心です。
費用の支払いは、分割払いも可能。
相談料ももちろん0円!
借金取り立てのSTOPもできます。
任意整理、自己破産、個人再生、過払い金、など、借金について無料で相談できます。。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(電話代無料)で相談受付することができるので、借金返済で困っている人も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、債務や過払いの悩みが相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたにピッタリの方法で多重債務・借金の問題を解決します。
それと、過払い金の請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から支払を清算できます。
任意整理においても、和解成功報酬・減額報酬などを一切取らないので、お得に解決することができます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の人でも安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国対応の司法書士事務所なので奈良市にお住まいの人も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



奈良市近くにある他の法務事務所や法律事務所を紹介

奈良市には他にも法律事務所や法務事務所があります。参考にしてみてください。


●司法書士やまとみらい法務事務所
奈良県奈良市法華寺町1-5
0742-30-6360
http://yamatomirai.net

●山本泰生司法書士事務所
奈良県奈良市芝辻町2丁目10-26新田村ビル2F
0742-36-0616
http://sihoshosi.com

●森田功司法書士事務所
奈良県奈良市油阪町456MIT第2森田ビル4F
0742-22-1532
http://web1.kcn.jp

●奈良駅前債務整理相談センター(奈良法律事務所)
奈良県奈良市中筋町5-1
0742-23-1875
http://nara-saimuseiri.com

●山岸憲一司法書士事務所
奈良県奈良市高天市町11-1
0742-20-1821
http://kcn.ne.jp

●司法書士大野法務事務所
奈良県奈良市鶴舞東町2-11松下興産ビル301号
0742-52-0855
http://ono-houmu.com

●かえで司法書士事務所
奈良県奈良市西大寺本町2-20プラムキャッスル605
0742-30-1245
http://kaede28.com

●はなしば法律事務所
奈良県奈良市花芝町16-1第2丸谷ビル2F
0742-20-0300
http://hanashiba-lo.com

●南都総合法律事務所
奈良県奈良市高天町10-1
0742-26-2100
http://nantosogo.net

●大阪芙蓉法律事務所(弁護士法人)
奈良県奈良市高天町48-5
0742-24-7751
http://osakafuyo.jp

●奈良学園前村上司法書士事務所
奈良県奈良市学園北1丁目14-5平本ビル3階
0742-81-3371
http://murakami-shihou.jp

●奈良合同法律事務所
奈良県奈良市登大路町36大和ビル4F
0742-26-2457
http://naragodo.com

●奈良弁護士会
奈良県奈良市中筋町22-1
0742-22-2035
http://naben.or.jp

●上松法律事務所
奈良県奈良市花芝町6
0742-81-7162
http://ocn.ne.jp

●樋口司法書士事務所
奈良県奈良市秋篠三和町2丁目11-2
0742-44-5100
http://h-syoshi.com

●ALEX綜合法律事務所
奈良県奈良市学園南3丁目1-5奈良市西部会館7階
0742-52-7330
http://alex-law.jp

●松本・板野法律事務所
奈良県奈良市登大路町11-1登大路プラッツ3F
0742-20-6686
http://matsumoto-itano.com

●奈良県司法書士会
奈良県奈良市西木辻町320-5
0742-22-6677
http://narashihou.or.jp

●M本司法書士事務所
奈良県奈良市東包永町71-2
0742-20-0550
http://daibutu.machimado.com

地元奈良市の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、相談しやすいのではないでしょうか。

奈良市在住で借金返済問題に困っている場合

いろんな金融業者や人からお金を借りてしまった状態を「多重債務」といいます。
あっちからもこっちからもお金を借りて、返済先も借入れ金額も増えてしまった状況です。
キャッシング業者で限度額まで借りたので、別のキャッシング業者で借金。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングを限界までして、クレジットカードを複数持ったり。
多重債務の状態までいってしまった人は、大抵はもはや借金の返済が厳しい状況になってしまいます。
もう、どうひっくり返っても借金を返済できない、という状況。
おまけに利子も高い。
手詰まりだ、なすすべもない、と思ったら、法律事務所や法務事務所に相談してみましょう。
司法書士や弁護士に相談し、今の自分の状況を説明し、解決策を示してもらうのです。
お金の問題は、司法書士や弁護士知恵を頼るのが得策ではないでしょうか。

奈良市/債務整理のデメリットって?|任意整理

債務整理にも色々な進め方があり、任意で業者と話合いをする任意整理と、裁判所を介した法的整理である自己破産、個人再生というジャンルが有ります。
じゃあこれらの手続につきどういう債務整理デメリットがあるでしょうか。
これら3つの手口に共通していえる債務整理のデメリットというのは、信用情報にそれら手続きをやったことが掲載されてしまう事ですね。いうなればブラック・リストと呼ばれる状況です。
だとすると、ほぼ五年から七年ぐらいは、クレジットカードがつくれずまたは借入れができなくなったりします。とはいえ、貴方は支払額に日々苦労してこれらの手続きを行う訳だから、しばらくは借り入れしない方がよいのではないでしょうか。
クレジットカード依存に陥っている方は、逆に言えば借金が出来なくなる事によりできなくなる事により救済されるのではないかと思われます。
次に自己破産若しくは個人再生の債務整理の不利な点ですが、官報にこの手続を進めた旨が掲載される点が上げられるでしょう。しかし、貴方は官報など見た事が有りますか。むしろ、「官報とはなに?」といった人のほうがほとんどではないでしょうか。
実際のところ、官報は国が発行する新聞に似たものですけれども、貸金業者等の一定の人しか見てません。ですから、「自己破産の実態が近所に知れ渡った」等といったことはまずもってないでしょう。
最後に、破産独特の債務整理の不利な点ですが、1辺自己破産すると7年間は2度と自己破産はできません。これは留意して、二度と破産しなくてもよいように心がけましょう。

奈良市|自己破産に潜むリスクとは?/任意整理

はっきり言えば世の中で言われるほど自己破産のリスクは少ないです。マイホームや土地や高価な車など高価値の物は処分されますが、生活のために必ずいる物は処分されません。
また20万円以下の貯金は持っていていいのです。それと当面の間の数か月分の生活費が100万円未満なら没収される事は無いです。
官報に破産者の名簿として掲載されますがこれもごく特定の人しか目にしないでしょう。
またいわゆるブラック・リストに載って7年間ほどの間はキャッシングやローンが使用不可能な状況となるが、これはいたし方ないことです。
あと決められた職に就職出来なくなると言うことが有るのです。しかしこれもごく少数の限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返済することのできない借金を抱えているのなら自己破産を行うと言うのもひとつの手口です。自己破産を実施すれば今までの借金が無くなり、新たな人生をスタートすると言うことで利点の方がより多いと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士や公認会計士や司法書士や弁護士などの資格は取り上げられます。私法上の資格制限とし保証人・後見人・遺言執行者にもなれないでしょう。また会社の取締役等にもなれないのです。けれどもこれらのリスクは余り関係がない時が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物じゃない筈です。